医療脱毛とエステサロン脱毛の違いとおすすめの人

気温が温かくなるにつれて女性達は毎年ダイエットや無駄毛の処理に頭を悩ませます。

全身脱毛や永久脱毛という言葉が普通に聞こえる時代にあって、まだ脱毛ってどういうことをするのか、どんな種類があってどれほどの料金がかかるのか、と二の足を踏んでいる方もいらっしゃるでしょう。

ここではクリニックでの脱毛とエステサロンでの脱毛の違い、それぞれの特徴やどんな人におすすめかを見ていきましょう。

1、クリニックでの医療脱毛とは

その名の通り、医療機関において医師のもとで施術される脱毛です。

脱毛サロン、エステサロンで使用される脱毛器は家庭用とのほぼ変わらない強度のレーザーや光を使いますが、クリニックではもっと威力の強い医療用レーザーを使っての施術になり、毛根にあるメラニン色素に反応する脱毛方法で毛以外の皮膚組織を傷付けずに脱毛することが出来ます。

今生えている毛の毛根部を破壊するのでそこからはもう無駄毛は生えません。威力が強いレーザーを使うために、施術時には焼けるような痛みがあるのが特徴です。

しかし痛みに弱い人は麻酔を使ってくれますし、万が一の時にも医師がいて処理してくれます。
アフターケアもあり、短期間で脱毛処理出来ることがメリットです。

2、エステサロン、脱毛サロンでの脱毛とは

威力の強い医療レーザーは使えませんので、家庭用脱毛器と大差ない強度の機械を使用して脱毛します。

レーザーだけではなく、光、ハリ、ブラジリアンワックスなど自分が良いと思える方法での施術を選ぶことが出来ることがメリットですが、他にも非日常を体感できるゴージャスな部屋であったり、マッサージやエステがセットでついているコースもあり、全身で癒されたい人にはクリニックでの施術より合います。

脱毛サロンやエステサロンでは毛乳頭の周囲にあるメラニン色素に反応させて、生えてくる無駄毛の量を少なくします。ほとんど痛みはなく、肌への負担も軽いので痛みに弱い方はこちらを選ぶのが多いようです。

効果を実感出来るまでに日数がかかりますが、医療脱毛に比べると費用が安いこともメリットです。

3、それぞれに合うタイプの人

脱毛を本気で、しかも短期間で二度と生えないようにして欲しいと強く願う人は医療脱毛がおすすめです。
レーザーの強さが違うために通う回数も平均で6回ほどと少ないので、最終的に脱毛にかかる金額も安くすませることが出来ます。

医療施設ですので万が一の火傷などもすぐにケアして貰えますから安心ですし、エステサロンと違って勧誘はさほど強くありません。
痛みは強く感じる方が多いですが、必要なら麻酔もしてくれます。

脱毛は目的ではあるけれど、それと同時にマッサージやエステも受けたいし、お喋りも楽しみたい、それに痛いのは苦手で嫌だ、ラグジュアリーな空間で非日常を味わいたいと望む方は脱毛サロンやエステサロンの脱毛コースがおすすめです。

機械のレベルを強くすることは出来ないので脱毛には平均で18回と時間がかかりますが、丁寧なサービスを受けることが出来るでしょう。

こちらは営業の勧誘が多くなることもありますがそれは店やスタッフによるところが多いので、最初に店を選ぶ際にリサーチをしっかりするようにしましょう。

勧誘はハッキリと断ればそれでお終い、ということもありますので、必要ないと思うのであれば断る勇気が必要です。

痛いけれど早く終わるのが医療脱毛で、時間はかかりますが痛みは少なくて料金も安いのが脱毛サロンということです。

効果を実感するのは医療脱毛の方が早いですが、自分が一番望むものは何なのかを考えてから選びましょう。

また、選ぶ部位が多いと医療脱毛では高額になってしまうなどありますから、いいなと思ったらまずはしっかりと情報収集をしましょう。

サロンでもクリニックでも、通うのが面倒になる立地のところは継続が難しいので、出来るだけ便利で近いところがおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする